家族を想う優しさで活躍できる!
国内最大のフレッシュネスグループ

プレゼンツコンサルティング株式会社

ワークライフバランスが取れる飲食店

飲食業界の仕事にどのようなイメージを持ってますでしょうか?


残業が当たり前であったり、夜遅い時間帯のシフトが多かったり、アルバイトが休んでしまったら休日出勤があるなど、”ワークライフバランス”という言葉からかけ離れたイメージを抱いている方が多いのではないかと思います。


今回ご紹介する会社はそのような世間に刷り込まれたイメージを覆します。飲食業でありながら残業がほとんどなく、介護との両立がかなえられる稀有な会社。なぜそのような働き方が実現できるのか。


フレッシュネスバーガーのフランチャイジー経営をされているプレゼンツコンサルティング株式会社 代表取締役社長の土肥様にお話を聞いてきました。

あえてマニュアルをつくらず
個性を引き出す接客

創業前、土肥さんは大手の飲食チェーンで20年近く働いていました。現場から本社業務までご経験され、飲食業界に関する深い知見をお持ちです。


スーパーバイザーとして外回りをしていたときに、たまたま立ち寄ったお店がフレッシュネスバーガー。その際に「これはおもしろそうだ」と思ったのが創業の背景にあるそうです。


「お店の内装の手作り感や商品のハンバーガーが独特さが面白い。また接客が独特であえてマニュアルを作っておらず、とても親近感があった。未完成な魅力と発展の可能性を感じました。現在も運営されている店舗では特にマニュアルを作っていないし、その必要性も感じません。それよりも各自の個性が発揮することに力を入れています」


土肥さんは前職の仕事で規律や統一感を徹底されてきたので、今後はあえて逆の方向にチャレンジし、新しいものを創造したいという想いでプレゼンツコンサルティングをスタートされます。

第一のお客様は従業員、働き方という
サービス満足度を高める

“新しいサービス価値の創造” がプレゼンツコンサルティングのビジョンです。一般的にサービスというと顧客に提供するものという意味に捉えられますが、この企業理念には仕事に関わる人すべての価値創造という意味があります。


「社長の自分にとっての第一のお客様は従業員です。従業員に向けたサービスを働き方だと捉えることで会社がより良くなっていく。だから当社ではどの飲食店よりも早く、留学生の採用を行い、働く時間に制限のある子育て中の主婦の方の採用や育成を行なってきました」


そのことは従業員の満足度を高めるとともに、事業の躍進へと繋がっていきます。新しいサービス価値を創造するためには、固定概念にとらわれてはいけないと土肥さんはいいます。


飲食業界では慢性的な人手不足が当たり前だとして、本意でない人材を採用したり、給与や時給を年々高くしてみたり、最悪の場合スタッフの引き抜きなどを行うこともあるそう。それでは業界の共存共栄の関係が崩れてしまう。


土肥さんも会社勤務時代からその大きな流れのなかにいて、創業後にも同様のことを繰り返し、苦戦した経験があるそう。それからは今までの常識を疑い、誰よりも先に考えて行動され、他社との差別化に成功します。

先を見据えることで実現した、
休みを補い合う仕組み

「飲食業の仕事は時間が不規則、人手が足りなくて休日がないとか言われます。でもそれはずっと前からあったことだし、言われてきたことなので、今更何だろうと思います。それを解決するのが仕事ですから」


プレゼンツコンサルティングでは、一体どのような工夫によって人手不足の問題を解決し、残業のない仕組みを作っているのでしょうか。


「やるべきことを最速でやること。あと徹底的にやるきること」と土肥さんはいいます。 具体的なお話をお伺いしました。


「特に最近は仕事に対する価値観が大きく変わり、みんなが自分の時間を大切にする企業体制が重要だと思っています。そこでまずは残業や長時間労働、休日出勤をなくすことが必要。それには適正な人数が不可欠です」


とはいえ、どうやって”適正な人数”を集めるのでしょうか。


「今現在だけを見るのではなく、少し先を見ながら必要な人員数と責任者の配置を考えています。将来のエース予備軍が待機しているので、ときにスタッフの急な休みがあってもみんなで助け合える。そうして店長からアルバイトまで全員が主役になるように育成します。ひとりエースに依存なる組織ではなく、全員攻撃全員守備のチーム作りをしています」


“やるべきことを最速でやる”というのが、こういったところに表れているのでしょう。何かがあって備えるのではなく、最速で事前に備えておく。さらに従業員の満足度を高めるために、土肥さんは以下のお話をされていました。


「今後は社員が飲食ビジネスのやりがいをさらに追求できるような事業展開を目指しています。いまだによくある光景なのですが、店舗の売上が下がると、本部担当者が『何で最近売れてないんだ。これからどうしていくんだ』という問答があります。これではどうしても数字ありきで、スタッフとお客様が見えてないように感じてしまいます」


「また、スーパーバイザーが店を回って『あそこが汚いぞ。今度来る時までにきれいにしておけ』なんて場面もありますが、これって誰の満足の為だろうと思ってしまいます。きっとそこのアルバイトは上司のために頑張っていることでしょう。全部間違っているわけではありませんが、もっと本当のやりがいを追及したい。そんな思いが次第に強くなり、プレゼンツコンサルティングでは従来のやり方を打破して、全員が輝ける価値を創造し続けるんです」

やらなくていい仕事を徹底的にやらないことで
どんな人でも働ける環境に

現在プレゼンツコンサルティングでは多様な社員が活躍されています。育児をしている主婦の人や親の介護をしている人、留学生や20歳未満の若手の人も働いています。


そして、それぞれ就労条件が異なります。たとえば、育児中の社員は保育園や幼稚園のお迎えがあるため、夕方までの勤務体制で、日曜を休みにしている人が多い。介護をしている人であれば通院の予定に合わせて休みを希望されたり、デイサービスのお迎えや夕飯の用意にあわせて早めに帰宅する。


プレゼンツコンサルティングでは残業を要請することはないそう。しかしそれは社員を甘やかすことではなく、その反対で社員の成長を意図的に促しているのだとか。


「仕事の根幹の部分をしっかりとやってもらっているから残業がないんです。やらなくていい仕事はすぐに止めて新しい時間を作り出します」


「たとえば、飲食店では毎日の発注業務があります。それを営業時間中にスキマ時間で終わらせることができればスムーズに帰宅できますが、勤務後にやろうとするとその分が残業になってしまいます。飲食業の仕事にはキリがありません。掃除もアルバイトの教育もやろうと思えばいくらでもできてしまう。なので、キリをつける能力を磨いていただきたいです」


そういう意味で育児や介護をしている人はキリをつける能力が高い傾向があると、土肥さんはいいます。

介護をしている人を採用
するメリットはたくさんある

今の時代、誰しもが介護をする可能性がある。その上で介護をしている人を採用するメリットを次のように捉えます。


「介護をしている人は物事の苦労を知っていると思います。時間の大切さや有効性を知っていて助け合いの精神があると思います。そして何よりも優しいはずです。従業員みんなが優しければ、そういう雰囲気のお店になります。そこに来られるお客様は、きっと良い癒され時間をすごされ、また明日も来店されるんです」


介護の経験で培った優しさをプレゼンツコンサルティングの仕事で活かしてみるのはいかがでしょうか。

プレゼンツコンサルティング株式会社

勤務地 東京 千葉 埼玉
募集職種 店長職(店舗運営総合職)、
マネージャー
勤務時間 シフト制(勤務時間:8時間/日)
応募資格 店舗に通える方
※詳細はお問い合わせください

ご相談いただけましたら
他の求人もご紹介可能です!